河和 旦とオフィスのコンピュータ、点字ディスプレイ

初めまして!

視覚と肢体不自由の障害を持つIT先生、
「目が不自由な人のSNS参入サポーター」こと
河和 旦(かわ ただし)と申します。

私には重度の視覚障害と肢体不自由という、
二重の障害があります。

視覚障害の程度は未熟児網膜症により右目は失明、
左目は重度の視力障害と視野障害があり、
日常の文字の読み書きには点字を使用しています。

肢体不自由の程度は、
脳性麻痺による運動機能障害があり、
主に左手と左足が動かしづらく、
外出時には車椅子を使用し、
介助者を同伴しています。

当教室の特徴

当教室は目が不自由な方のためのパソコン教室です。

目が不自由な方はパソコンやスマートフォンを、
画面読み上げソフトや点字ディスプレイとともに利用しますが、そのノウハウを教えられる教室が少ないのが実情です。

そこで視覚障害を持つITサポーターが教えるパソコン教室を作りました。

目が不自由であるからこそ、IT機器を使うメリット

IT機器は目が不自由な方にとって、
墨字(通常の活字印刷文)の読み書きを助ける補助具として、
家族や仲間と連絡を取る道具として、
さらにはブログやSNSで自分の考えをアウトプットする道具として、
というように様々な使い方ができます。

そんなノウハウを、わかりやすくレクチャーいたします。

今あなたが、全くの初心者レベルでも問題はありません。

難しい用語もふくめ、0から親切、丁寧にわかりやすくお教えいたします。

ぜひ、あなたもパソコンを使いこなして、
便利で楽しい日常生活を送ってみませんか?

少しでも興味を持っていただけましたら、お気軽にお問い合わせください。